* 2003花火日記 *


+ 2003/8/3(日) よこすか開国祭開国花火大会 @神奈川
+ 2003/8/1(金) 第18回神奈川新聞花火大会 @神奈川


2003/8/3(日) よこすか開国祭開国花火大会 @神奈川県横須賀市
時間 19:40〜20:30 (50分)
天気 快晴、ほどよい風
発数 15000発
最大サイズ 10号玉
日記 8/1のみなとみらいの花火があまりに残念な結果だったため、急遽行くことにしたこの大会。ペリー来航150周年を記念した「よこすか開国祭」のフィナーレを飾る花火大会で、その数なんと15000発!

みなとみらいと同じノリで、前日夜にメイン会場のうみかぜ公園に到着。あれ?場所取りしてる人、ほとんどいないんだけど・・・。どうやら前日から乗り込むタイプの大会ではないらしい。とりあえずシートを敷いて、場所取り完了。今夜は横須賀に住む先輩の家に泊まらせてもらう。

翌朝、うみかぜ公園に行って場所を確認するが、やっぱりほとんど埋まってない。これなら人を付けなくても大丈夫そうだ。というわけで、せっかくだから、よこすか開国祭のイベント「スタンプラリー」に挑戦!

今日は街じゅうがお祭り。大通りではパレードやってて、公園では演奏やってて、自衛隊の基地まで一般開放されてて、どこに行っても何かしらイベントやってる感じだった。暑い中せっせと歩いて、スタンプラリーのポイントを巡り、無事にコンプリート!しかし、賞品が品切れ。(泣) 代わりに参加賞を多めにくれた。ネックストラップをゲット〜。

猛暑の中たくさん歩いて、だいぶ疲れたうちら。まだ花火の前なのに、すでにスタミナ切れ。ぐったり。そんな平均年齢20歳の4人。(笑) 夜になって、続々と友達も合流。天気も良いし、みなとみらいのリベンジは果たせること間違いない!

花火は3ヶ所から打ち上がるスターマインでスタート。すげぇ、3ヶ所から同時に上がってるよ!小さい花火から大きい花火まで、すごい勢いで打ち上がる花火。どおりで、50分間で15000発も上がるわけだ。

1ヶ所から打ち上げる花火と違い、3ヶ所だと視界がものすごく広くなる。まさに「ワイド」。そんな横長の空間に、間髪入れずに立て続けに単色の花火を打ち続ける“空中大ナイアガラ”はスゴイきれいだった!15000発の割にはあっさりと終わったけど、こんなワイドな花火を観れて良かった!


2003/8/1(金) 第18回神奈川新聞花火大会 @神奈川県横浜市
時間 19:15〜20:30 (75分)
天気 曇り、無風
発数 8000発
最大サイズ 20号玉
日記 毎年サークルで場所を取って見物するこの大会。今年はうちの学年が場所取りを担当することに。夜中24:00にみなとみらいの臨港パークに到着。みんなが集合するときに分かりやすいように、臨港パーク奥のたいこ橋(池にかかる橋)のたもとを陣取った。橋の目の前なら迷わないでしょ。(去年迷った人がいたからね。)

夜中の場所取りはまだ良い。人が少ないし、涼しいし、海風が心地良い。3人で寝転がって、ウトウトしながら、たわいもない話を続ける。が、朝日が昇ると状況が一変する。とにかく暑い!真夏の太陽の威力はすさまじい。“暑い”と言うか、むしろ“熱い”。じっとしていられないから、交代で木陰で涼んだり、マックで休憩したり。

そんな過酷な場所取りをしてでも、花火は目の前で観たい!だって迫力がスゴイもの。目の前で広がる大輪の花、のはずが・・・。

今にも雨が降り出しそうなどんより雲。そんな中で始まった花火大会。「ドーン」という爆発音とともに、ほんのり明るくなる雲。おいっ!見えねぇよ!そう、今日は雲が低いため、大きい花火は全て雲の中だったのです。ランドマークタワーの上層部がすっぽり雲に覆われてる状況。大きい花火が上がるたびに、見物客の「あーあ」って歓声(=落胆)が響く会場。むなしい。むなしすぎる。

花火が進むに連れて、雲はどんどん低くなっていく。風も無く、低い花火(=小さい花火)が見えても、その花火自身の煙がなかなか消えず、次の花火が見えにくくなって、なんだかとっても残念な花火だった。

花火終了後、あまりの満足感のなさにいたたまれなくなり、その場で雑誌をめくる。おぉ!明後日横須賀でも花火あるじゃん!近場だし観に行けるんじゃない?と思って、横須賀に住む先輩に電話。即決OKの返事。よし、明後日は横須賀でリベンジだ!


トップページへ戻る

---[PR]---
ハッピーフロア 

 Copyright (C) fujisan. All right reserved.