* 2009花火日記 *


+ 2009/10/3(土) 第78回土浦全国花火競技大会 @茨城
+ 2009/8/3(月) 長岡まつり大花火大会 @新潟
+ 2009/7/26(日) ぎおん柏崎まつり海の大花火大会 @新潟
+ 2009/6/2(火) 第28回横浜開港祭ビームスペクタクルinハーバー @神奈川


2009/10/3(土) 第78回土浦全国花火競技大会 @茨城県土浦市
時間 18:00〜20:30 (150分)
天気 晴れ、ほどよい風
発数 20000発
最大サイズ 10号玉
日記 有料桟敷席の抽選に申し込もうと思って7月末に公式HPをチェックしたら、もう締切過ぎてるー!去年より3週間も早い締切・・・。電話申込のほかに、今年からインターネット申込が始まったから、主催者側の作業日程が早まったのかなぁ・・・。

そんなわけで、今年は無料エリア確定。激混み必至のメイン会場側(桜川の北側)は避けて、上高津交差点付近の田んぼ地帯を狙った。要注意点は、打上場所の隣接地にイオン土浦ショッピングセンターが今年完成したこと。(花火当日は休業・立入禁止) 巨大な建物が打上場所の目の前にできたため視界が遮られる場所も相当あるはずで、その影響をなるべく受けないように、国道6号(土浦バイパス)に近いほうを狙った。

車で現地周辺に到着したのは17時ごろ。当然駐車場は満車で、路上駐車する隙間もなかなか見つけられず、流れ着いた先は上高津新町周辺。駐車禁止でない畑の脇道に車を停めて、場所取りへ急ぐ!前日の雨で田んぼがぬかるんでたら嫌だな・・・という心配も杞憂に終わり、イオンの位置を考慮しつつ、花火開始30分前に田んぼ地帯に場所取り完了〜♪間に合って良かったぁ。

2年前・3年前はブランケットをかぶっても寒かった記憶があるが、今年は去年同様、風が弱くてフリース&コートで十分しのげる気温だった。寒いと3時間近くじっとしてるの大変だからね、防寒対策は入念に。

18:00に花火スタート!以下、競技花火で優勝した作品の動画を紹介。

10号玉の部は、5年連続で野村花火工業が優勝。完璧な四重芯でございます。
野村花火工業 10号玉の動画(29秒、YouTubeより)

スターマインの部も、同じく野村花火工業が優勝。作品名は「神秘なる世界〜光の彼方へ〜」。
野村花火工業 スターマインの動画(2分33秒、YouTubeより)

創造花火の部は、型物花火を得意とする北日本花火興業が優勝。作品名は「アフロでキメる俺のヘアスタイル」。観客の“ウケ”が一番良かったこの作品。発想力と言い、完成度と言い、さすがです!
北日本花火興業 創造花火の動画(1分5秒、YouTubeより)

土浦花火のメインは、競技プログラムの中盤に挿入される大会提供ワイドスターマイン「土浦花火づくし」!今年は基本3ヶ所、最大9ヶ所からの打ち上げで、去年より規模は縮小したものの、花火のクオリティはかなり上がったと思う!これを見ると、今年も土浦に来た甲斐があったなぁ〜って思う感動作品。
「土浦花火づくし」の動画(6分50秒、YouTubeより)

さて、ここまでいろいろ動画を紹介したけど、実は当日は音楽なしで観ておりました。と言うのも、メイン会場側にしかスピーカーが設置されないため、うちらの無料エリアでは音楽が聞こえないのです。ラジオの生中継を聴きながら観ればいいんだけど、不覚にも携帯ラジオ持っていくのを忘れて・・・後悔。音楽なしでも花火はキレイなんだけど、音楽あったほうが感動が増すじゃん!来年は忘れずに持っていこ!


2009/8/3(月) 長岡まつり大花火大会 @新潟県長岡市
時間 19:25〜21:15 (110分)
天気 曇り、ほどよい風
発数 10000発
最大サイズ 30号玉
日記 仕事のシフト上ちょうど月・火が休みだったので、これはもう長岡に行くっきゃない!

一昨年は無料エリアの場所取り争奪戦を繰り広げたが、今年はリッチにテニスコートマス席を予約。180cm四方(4〜5人分)のスペースに座布団付き・駐車場付き。決して安くはないが、たまには優雅に行こうじゃないか。(笑)

9:00に横浜を出て、友達の家を回りながら12:00に練馬ICから関越道へ。15:00すぎに国営越後丘陵公園の駐車場に到着。シャトルバスに30分揺られ、さらに20分歩いてテニスコートマス席に到着!が、まだ会場準備ができておらず、17:00受付開始と言われた。それまでジャスコで買い出ししながら時間をつぶす。ジャスコ店内は買い出し&涼みに来た花火客でめちゃ混み。みんな考えることは同じなのね。

長岡の花火は川の両岸から観覧できる。電車で来た人は長岡駅に近い右岸側、車で来た人は左岸側が便利だ。左岸側のほうが堤防面積が広く、また今日が平日という理由もあって、左岸側の無料エリアは17:00時点でも空きスペースがちらほら。


↑17:00頃、左岸側の堤防、無料エリア。
写真左上に見える長生橋のたもとまで続く広大さ。


↑18:00頃、テニスコートマス席。

17:00すぎにマス席に入場。「天地人」デザインの折りたたみ座布団がもらえた。予想以上に良い座布団で嬉しい。マス席は高さ10cmほどの土台に厚手のブルーシートが敷かれ、靴が置けるスペースまであった。通路も広すぎるくらいで、今まで経験した桟敷席の中で一番贅沢な造り。前日の雨で地面がぬかるんでる所も結構あったが、水浸しの所には適宜シートが敷かれ、柔軟な対応が見受けられた。

花火本番の前に、19:15「メッセージ花火」。計3名のメッセージがアナウンスされ、特に3人目の「婚約指輪」は、4号から10号玉までのリングの型物花火連打がステキだった!

19:25、10号玉2発から本番スタート!市長挨拶に続き、この花火大会のために創られた曲に乗せて、超大型スターマイン&大手大橋のナイアガラ。初っ端から豪華なプログラムだ〜。

長岡の花火は2〜3分間隔で次々にスターマインが上がる。物量に応じて「ベスビアス」、「超大型」などの名が頭に付くが、基本的にどれも豪華!2ヶ所打ち上げの「ツイン」、5ヶ所打ち上げの「ワイド」のスターマインもあり、ところどころに「10号25発」などの連発プログラムも挿入され、目を離したくないプログラムが目白押しだ。さらにスターマインの合間に、プログラムに書かれていない単発花火も数発ずつ打ち上がり、これもまたハイクオリティ!やっぱり新潟の花火大会はスゴイ。

前半のスターマインはゴールド単色で締める作品が多かった。この不況をふっ飛ばしたい、という思いを込めて“ゴールドラッシュ”になったのかも。

20:15「天地人花火」は、去年大好評だった新しいプログラムで、計32社(!)の協賛によって今年も打ち上がることになった。しかも打上業者は、8/2(日)は野村花火工業、3(月)はマルゴーという全国レベルの有名花火師を招く気合の入れようだ。2(日)は大河ドラマのテーマ曲、3(月)は天地人花火オリジナル曲を使い、2日間で構成が違うのも面白い。打上場所は、なんとうちらのマス席の目の前!真正面5ヶ所からワイドに打ち上がって大興奮!!めちゃめちゃ豪華なスターマインだったわ〜!

2(日)の「天地人花火」の動画(3分17秒、YouTubeより)
3(月)の「天地人花火」の動画(3分16秒、YouTubeより)

20:30、長生橋に架かるナイアガラとともに、1発目の30号玉が打ち上がる。さっきまでマス席のすぐ目の前で10号玉が打ち上がり、頭上に火の粉が降り注ぐような花火を観てきたので、正直遠くで打ち上がる30号玉はさほど大きく感じなかったが、やはり“音”が違った。これまでと明らかに違う、重みのある爆発音。実際相当重いのだろう、結構低い位置で花が開いた。5号、7号、10号の後に打ち上げてくれるので、大きさを比較して30号玉のスケールを楽しめるのも良い。

長生橋ナイアガラ&30号玉1発目の動画(52秒、YouTubeより)

21:00、2発目の30号玉。やっぱり重そう〜!1発目と同じ冠菊だが、小割浮模様の色が違った。

30号玉2発目の動画(49秒、YouTubeより)

21:04、この大会一番の目玉「復興祈願花火フェニックス」の登場〜☆ 待ってましたぁ、と言わんばかりに会場から沸き起こる大拍手。去年・一昨年は幅1.7km・6ヶ所からの打ち上げだったが、なんと今年は最大幅2.7km・15ヶ所からの打ち上げ!基本的に10号玉のみで構成されるこの作品は、今年は20号玉も3発織り交ぜる大奮発っぷり!ジュピターの曲に乗せて、右から左から続々と打ち上がる10号玉。そして突然目の前に現れた20号玉のド迫力にも驚いた!ど真ん中のほぼ最前列で観てるから、全部の幅が視界に入らないのが惜しいくらいの、感動の3分間だった!!

「復興祈願花火フェニックス」の動画(4分8秒、YouTubeより)
フェニックスを遠くから撮影した動画(3分19秒、YouTubeより)

フェニックスが終わると周りは続々と帰り始めるが、プログラムはもう少し続く。次は全国の有名花火師による「匠の花火」だ。後日知ったのだが、昨日2(日)は後半激しい雷雨になり、フェニックスが終わったところで中止となったそうだ。そのため、2(日)に打ち上げる予定だった「匠の花火」も合わせて今日打ち上げることになった。5作品の予定が10作品も観れたのは、そういうわけだったのね。大曲や土浦の10号玉競技部門を観ているかのような、花火マニア必見のプログラム。

フィナーレは「ベスビアス大スターマイン」で締め。もう感動と驚きでお腹いっぱいです〜。全ての花火が終わると、懐中電灯やケータイのライトをみんなで振って、川の両岸で“光の交換”をする恒例イベント。言葉では言い表しづらいが、かなり幻想的な空間になって感動モノ。警備員までもが赤い誘導棒を振って、会場全体の一体感がイイ!

なお、文中の進行時刻は全てプログラム冊子に記載された“予定時刻”です。実際は途中最大で6分ほど遅れたが、終了は予定通り21:15。

プログラムを最後まで観て、さらに光の交換までやってると、もう6割くらいしか会場に客が残っていなかった。みんな引きが早いなぁ。でもおかげで帰りの混雑が分散され、シャトルバスも20分ほど並んだだけで乗れたし、渋滞にはまることもなかった。22:30すぎに駐車場を出て、柏崎市内のビジネスホテルに宿泊。

今年の長岡の花火は、天地人花火があり、フェニックスも例年よりパワーアップし、おそらく今までで最も豪華な内容だったのでは、と思う。そんな年に長岡に来れて幸せだ〜!
花火写真
以下の写真はクリックで拡大できます。(写真提供:ぎりこさん)

19:30ナイアガラ
超大型スターマイン

単発花火、千輪菊

19:40ベスビアス
超大型スターマイン

19:51ベスビアス超大型
スターマイン(長寿花火金燦銀燦)

20:09ベスビアス
超大型スターマイン

20:09ベスビアス
超大型スターマイン

20:15天地人花火

20:15天地人花火


2009/7/26(日) ぎおん柏崎まつり海の大花火大会 @新潟県柏崎市
時間 19:30〜21:30 (120分) (煙滞留のため20分遅れて終了)
天気 小雨、ほぼ無風
発数 15000発
最大サイズ 30号玉
日記 去年は煙の滞留がひどくて、「30号玉2発同時打ち上げ」が全く見えない・・・というまさかのオチで終わった柏崎。今年こそリベンジだ!

事前にホームページで調べたら、「今年は会場周辺に臨時駐車場はありません」などと書かれていたが、実際は去年同様、1台1000円の臨時駐車場があちこち用意されていた。去年はこれらの駐車場が夕方までに満車になり、行き場を失った車が次々に路上駐車してしまい大変なことになってたので、今年は駐車場を事前広報しない方法に切り替えたのかもしれない。

12:30頃に駐車場に車をとめ、去年と同じ中央海水浴場の西側先端付近を陣取った。全体的に去年より空いてる気がしたが、午後から雨という予報のためだろうか。


↑13:00頃、みなとまち海浜公園の有料席。
海側から順に、マス席、階段席、イス・テーブル席がある。


↑13:00頃、無料エリアの中央海水浴場。まだまだ空きがある。


↑19:00頃、中央海水浴場。上の写真と同じ位置から撮影。
ほぼ埋まっているが、写真右の堤防側はちらほら空きあり。

その後、柏崎市街地のイトーヨーカドーフォンジェというショッピングセンターで買い出し&昼食。店を出ると見事なドシャ降り!駐車場へ戻り、車内で仮眠しつつ時間をつぶした。雨は降ったり止んだりを繰り返し、雨用に買っておいたポンチョを着て、いざ出陣!

19:10、オープニングセレモニーの太鼓演奏は、雨のためステージ生演奏が中止され収録演奏に。収録してまで演奏するのか・・・すごいな。太鼓のフィナーレに合わせて10号玉が10発打ち上がるが、これはあくまで本番前の“余興”。贅沢な使い方だぁ。

19:30、雨の中花火が始まると、周囲の客が次々と傘を閉じた。都会の花火大会では考えられないマナーの良さ!と言うか、全員レインコートやポンチョなどを準備済みというのがスゴイ。花火に対する気合いが違う、さすが花火王国新潟だ。

柏崎の花火は、1〜2分に1つスターマインが上がる。昨年より10作品減って、計47作品のスターマインだが、それでも相当密度が濃いプログラムだ。さらに、プログラム冊子には何も書かれていないが、各スターマインの間に挿入される単発花火もとてもキレイ!形は真ん丸で、消え口(星が輝き消えるタイミング)も揃っていて、色が凝ったものも多々あった。関東では「出品作品」として扱われるようなハイクオリティな単発花火が、新潟では、ただの挿入。うー、なんて贅沢なんだぁー。

打上場所は、大きく分けると、海に向かって左・中央・右の3ヶ所。次はどこから打ち上がるのか、スピーカーでアナウンスが入るのでとても助かる。さらに、比較的豪華で目玉となるようなスターマインの前にはファンファーレが鳴る。この良心的なアナウンスも、柏崎花火の魅力の一つだと思う。

19:47「カラフルワイドベスビアス大スターマイン」は、中央5ヶ所から5色のカラフルな花火が打ち上がった・・・と言いたいところだが、なぜか4色だった。そこは5色だろー。何かの間違いだろうか、惜しいっ。

5ヶ所から4色のスターマイン動画(35秒、YouTubeより)

19:52の「10号玉5発一斉打ち上げ」は、5ヶ所から曲導が一斉に昇っていく光景が鳥肌ものだった。これだけで「空中ナイアガラ」と呼んでもいいのでは、と思うくらいだが、もっとすごいプログラムが後で登場する。この10号玉を100発一斉に打ち上げるのだ!

降っていた雨もいつの間にか止み、だんだん雲が晴れてきた♪ 天気も味方する中、20:30にいよいよ「10号玉100発1500m一斉打ち上げ」だ!100発の10号玉の曲導が、キレイに揃って空へ上っていく。期待をはるかに上回る迫力に、思わず声を上げる。100発同時に花開く爆音に驚き、目の前に広がる幅1500mの空中ナイアガラに大感動!!すごいっ!すごすぎるっ!!

10号玉100発一斉打ち上げの動画(40秒、YouTubeより)

20:40ブルボン提供の「超ベスビアスワイド海中空スターマイン」は、毎年恒例のニコニコ顔の型物が連発で上がり、子供に大人気。型物だけに頼らず、後半は5ヶ所から打ち上がる迫力満点のスターマインで大人も楽しませてくれた。

ニコニコ顔型物と海中空スターマインの動画(1分45秒、YouTubeより)

20:52東京電力提供の「超ベスビアスワイドスターマイン・プラネットパラシュートダンス」は、紅のミノムシのような吊物連星が登場。宙を漂う不思議な花火は観客のウケも良く、会場の雰囲気が和やかに。

プラネットパラシュートダンスの動画(1分54秒、YouTubeより)

20:56「柏崎市民一同」は、市民の協賛金で打ち上げられる、この大会目玉のスターマインだ。始まる前から大きな拍手が沸き起こり、一気に盛り上がる会場。右から左から中央から、全ての打ち上げ台をフルに使った、一番豪華なスターマインだった!

柏崎市民一同スターマインの動画(2分10秒、YouTubeより)

続いて21:00「10号玉300連発」!6分間かけて、いろいろな種類の10号玉が怒涛のごとく300発も打ち上がる。最大10ヶ所から切れ目なく打ち上がり続ける光景は、もう贅沢極まりない!

10号玉300連発の動画(6分37秒、YouTubeより)

会場がさらに盛り上がったところで、21:05フィナーレ「30号玉2発同時打ち上げ+超豪華スターマイン」の登場だ〜。去年はスターマインの後に30号玉を打ち上げたため、30号玉はすっぽり煙に覆われて見えなかったが、その教訓を生かしたのだろう、今年は30号玉を先に打ち上げてくれた。10号玉とは明らかに違う、その打ち上げ音。重みのある音の迫力とともに、巨大な2発の30号玉が花開き、視界いっぱいに広がった!お見事!!これが見たかったんです!!
引き続き5ヶ所から打ち上がる豪華なスターマイン。このスターマインの幅とさっきの30号玉2発の幅を比べれば、30号玉の大きさがどれだけ圧倒的かが分かる。海中空花火も加わって、シルバー単色の連発でクライマックス!

30号玉2発同時+フィナーレの動画(1分45秒、YouTubeより)

全ての花火が終わり、観客から自然と拍手が沸き起こる。そして観客が続々と帰る中、5号玉10発の「送り花火」も打ち上げられた。都会の大会では観られない、粋な演出だ。

なお、文中の進行時刻は全てプログラム冊子に記載された“予定時刻”で、実際は煙の滞留で少しずつ進行が遅れ、最後は20分遅れて21:30に終了している。

新潟の花火は何度観ても「もったいないっ」と思ってしまう。それほど大盤振る舞いな内容だ。でも、何度観てもスカッとする。感動も桁違い!さらに今日の場所からは、海中空スターマインの花火玉が筒から打ち上がる瞬間の「シュウォッ」という音が聞こえて、より一層迫力があった。やっぱり花火は打ち上げ場所に近い所で観るに限る!
花火写真
以下の写真はクリックで拡大できます。(写真提供:ぎりこさん)

20:02ベスビアス
大海空スターマイン

20:12超ベスビアス
ワイドスターマイン

20:18ベスビアス
大海空スターマイン

20:40超ベスビアスワイド海中空
スターマイン(ニコニコ顔の型物)

21:00
10号玉300連発(牡丹)

21:00
10号玉300連発(万華鏡)


2009/6/2(火) 第28回横浜開港祭ビームスペクタクルinハーバー
@神奈川県横浜市
時間 20:20〜20:55 (35分)
天気 晴れ、強風
発数 3000発
最大サイズ 不明
日記 今年は横浜開港150周年!そんな記念すべき年の「横浜開港祭」に、仕事が終わってから参戦〜!昼の12時から場所取りしてくれた友人によると、臨港パークのメインステージ目の前は昼すぎに全て埋まったらしい。平日なのにすごい混みっぷりだ。

この大会は、「花火大会」と言うより、「花火付きのエンターテイメントショー」と考えたほうが良い。35分間全てのプログラムが、音楽や照明の演出付き。他の花火大会では味わえない独特の趣向が、俺は大好きだ。

最初はゆったりと流れるような曲に合わせて、花火もゆったり打ち上がった。ときどき蝶々の型物が入り、1発ずつじっくり鑑賞。演出もブルー単色のサーチライトのみで、すごく控えめ。照明の演出を見やすくするためにスモークがたかれるが、花火の視界を遮るほどではない。
オープニング・1曲目の動画(5分31秒、YouTubeより)

2曲目はレーザー光のみの演出で花火なし。このように、プログラム前半は花火の物量も演出も極力控えめになっていた。中盤から、レーザー光・サーチライトに加えて、炎の演出が登場!ステージ前は炎の熱気も相まって急に盛り上がる。花火の物量も急にアップして、演出もどんどん派手に!
中盤の動画(7分26秒、YouTubeより)

後半はほとんどがノリノリの曲で、演出の類は全部使って花火もじゃんじゃん上げちゃいます!って感じ。ちょっと慌しかったが、見ていて気持ち良かった!ただ、フィナーレ冒頭の和火の連発だけは、照明を控えめにしてほしかった。和火はあまり明るくないので、手前にサーチライトやレーザー光が入ると見えづらくなってしまう。個人的に和火は好きなのでちょっと残念。最後は銀冠の連打で締め。ブラボー!!
フィナーレの動画(7分16秒、YouTubeより)

去年より玉数が減って3000発になったのが全然分からない、むしろ観客としては去年より満足感アップの内容だった。レーザー光やサーチライト、炎の演出に目を奪われ、花火そのものの印象は薄れてしまうかもしれないが、これは花火大会ではなく、演出も含めた一つのショーだと考えれば、花火が前面に出なくても十分満足だ。「コンセプトやテーマは何だろう?」などと下手に考えず、何でもありの花火ショーをとにかく楽しむ。これも、西洋文化を何でも受け入れた“横浜らしさ”ってことで、良いと思う。(←ちょっと無理あるかな(苦笑))

開港150周年の記念日にステキな花火ショーを見れて幸せですっ!横浜150歳おめでとー!!☆
花火写真
以下の写真はクリックで拡大できます。(写真提供:かおりんさん)

レーザー光のみの演出

カラフルなサーチライト

炎(キャノン砲)の演出

レーザー光+花火

弾ける花火

レーザー光+花火+トラ打ち

波打つレーザー光と花火

まぶしい照明の背後に和火

トラ打ち

シルバー連打


トップページへ戻る

---[PR]---
ハッピーフロア 

 Copyright (C) fujisan. All right reserved.